REFORM

リフォームの考え

TOP > リフォーム > リフォームの考え

長く快適に暮らすには
リフォームは欠かせません
住まいの適切なメンテナンス
住まいをライフスタイルに
合わせることが必要です

リフォームは完成品を購入するのとは訳が違い、ひとつひとつ内容が異なるオーダーメイドです。
新築でマイホームを建てることは一生のうちに一度の場合が多いかもしれませんが、リフォームは一生のうちに何度か経験するものではないのではないでしょうか。
いざリフォームと思っても、「どこから始めて」、「どう相談したらいいのか」見当がつかないなど不安な要素があるかと思います。
そんな時はお気軽にお問い合せください。皆様方のお役に立ちますよう、スタッフ一同、精一杯ご提案させていただきます。

ライフスタイルの変化に合わせたリフォーム一例

家族構成の変化

お子様の成長・住宅介護対応・二世帯同居による家族構成の変化など。増築だけではありません、お子様が独立して夫婦2人で暮らすようになり部屋の数はあまり必要なくなった場合は、床面積を減らす「減築」を行う場合もあります。

安心と安全のために

地震対策・防犯・シックハウス対策・オール電化住宅など更なる安心と安全のためのリフォーム。

動物と共生

家族の一員であるペットと暮らす、動物と共生するためのリフォーム。

お客様と考えるリフォーム

今ある空間をより快適に。ご要望に応えるだけでなく、ご満足いただけるご提案をいたします。
リフォームはお客様と私ども(プロ)とのキャッチボール。お客様(ご自身)の希望をしっかりお持ちいただくことが成功のカギです。

お客様の7つの準備

1意見をまとめる
そこで暮らす全ての人の希望をまとめましょう。自宅なら家族全員の意見を聞きましょう。
2リフォーム箇所の決定
水廻り(キッチン、バスルーム)・外装(屋根、外壁)など。リフォームの場所・範囲を決めます。
3優先順位の決定
リフォームしたいのは、不満があるからではないでしょうか。リフォームの理由をはっきりとさせると、解決すべきポイントが見えてきます。思いつく限り書き出してみて、優先順位をつけて検討しましょう。
4イメージを固める
イメージを言葉だけで伝えるのは難しいものです。雑誌やカタログなどの写真で、自分のイメージに近いものを探すと簡単で便利でしょう。また、デジタルカメラなどで、気に入った住まいの写真を撮影するのも良い方法です。
5グレードと商品の決定
どのグレードにするか。気に入ったグレードと気になる商品を伝えると、希望に近い提案が期待できます。
6予算の決定
おおよその予算と上限を決めておきましょう。
7工事前の確認
仮住まいが必要なリフォームもあります。確認し、可能かどうかを検討しましょう。

TOP