INTERVIEW

お客様の声

TOP > お客様の声 > インタビュー > 千歳市 O様邸

ご家族

私は、自分たちの希望を叶えてくれた相澤建設さんを選んで良かったと思います。

千歳市 O様邸

竣工年月
2013年7月
構造
木造2階建て
工法
2×6工法
家族構成
ご夫婦、お子様1人

家づくりをご計画するきっかけは何でしたか?

ご主人
長男が来年(2014年)中学生になるので、中学校のことを考えたのがきっかけです。
前住んでいた築35年の平屋住宅が、狭いし、冬ものすごく寒かったので、新しい家を建て替えるちょうどいいタイミングかなと。

どれぐらい前から計画されたのですか?

ご主人
プラン考えたのは、2年ぐらい前で、具体的に動き出したのは1年半ぐらい前です。
ご家族

モデルハウスや見学会などに行かれましたか?

ご主人
かなり行きましたね。
千歳、苫小牧、札幌、恵庭…まあこの辺はほとんど見に行きましたね。多分20、30社は見ました。

相澤建設を知ったきっかけは何でしたか?

ご主人
千歳市住吉で見学会やりますっていう広告です。
その時はかなり見学会の広告をチェックしていました。金額も安かったので興味ありましたね。

図面や見積もりをお願いしたのは何社ですか?

ご主人
相澤建設さんと、大手のハウスメーカーと地元工務店と5社に図面や見積もりをお願いしました。
奥様
私達がつくった間取り・仕様で見積をお願いしました。
ご主人
私たちが書いたものを各会社に清書をしていただくような形だったので、間取りに大きな違いはなかったですけど、金額は全然違いましたね。数百万円の差がありました。
一番高かった木造軸組の業者さんと、一番安かった相澤建設さんとで600万円ぐらいの差がありました。

限られた予算の中で、冬は暖かくて、いい間取り・仕様で総合的に、相澤さんが一番良かったです。

モデルハウスや見学会で見るポイントは何かありましたか?

ご主人
モデルハウスってハウスメーカーそれぞれ確かにいいんですけど、「金額は?」と思ったときに、出している金額以上にかかることいっぱいありますよね?で、「その他の金額はどれくらいかかるの?」って聞いたら「いや、それは別です」と。

相澤建設さんは、社長と直接話ができて、細かいところも相談にのってくれて、他も全部含めて「うちはトータルでこれぐらいです。」と金額を出していただいたんです。

相澤建設さんはモデルハウスを持っていないので、実際に住んでいるお宅を3軒見せてもらいました。千歳で1軒と札幌で2軒。
直接住んでいる方から話を聞くと、冬もやっぱり暖かいとおっしゃっていましたね。デザインも良かったです。

相澤建設に決めた決め手は何ですか?

ご主人
社長の人柄。2年間ずっと話ししていますから。
私たちが要望を詳しく説明していなくても「ここは多分、こういうふうにしたほうがいいよな」って良くわかってくれています。
相澤社長は、正直口下手ですけど(笑)、考えてくれているんだなっていうのは、ニュアンスでわかりました。

建ててもらって終わりじゃなくて、いろいろお世話になっています。車庫もお願いしたり、ブラインドをお願いしたり。

要望は出されましたか?

ご主人
かなり出しましたね。相澤社長も途中で怒るんじゃないかって(笑)。

まず、スキップフロアをお願いしました。
モデルハウスを見たときに、空間を広く利用して立体的に見えるようにしている家があったのでそれを見て。

天井を高く作ってくれるようにお願いしました。3mあるんですよ。普通2m40cmぐらいですよね。
しかも2階の寝室の方は天井高く、子供部屋と寝室にはロフトもお願いしました。
奥様
窓を、もっと大きくしたかったんですけど、構造的に無理とのことで。
希望を言っていたらキリがないので、以前住んでいたところでの不満な部分を無くしていこうっていう感じにしましたね。

家を建てる前、構造など勉強されましたか?

ご主人
木造軸組がいいのか、2×4や2×6がいいのか、だいぶ本を読みました。
将来的に、家の構造を変えたりとかしなければ、2×4とか2×6の方が、コストも安いし、工期も短いし。あと、暖かいのかなと。

木造軸組も良かったんですけど、ちょっと高かったですね。
あと、工務店によって技術に差が出ると本に書いてあったり、知人から「うちは良かったけど、あっちは良くない」とか話を聞いていたので。

TOP